FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CUTE☆TOKYOでの祭

どーん!!

サークルカット

(サークルカットはがっぷさんにお願いしました。)


成り行きで副編集長を努めておりますtra!nという企画、ついに本格始動!

5月3日のCUTE☆TOKYOにて初お目見えの予定です。

超超超豪華執筆陣過ぎて尿が迸りそうな感じです!

二度と実現しないだろう、かなり貴重な本となることは間違いないです。

正直まだまだ不安がいっぱい(自分の原稿が終わっていないなど)ですが、せっかくの機会、大成功に終わらせたいと思いますので、みなさまどうぞよろしくお願いします。

随時更新していきます。

スポンサーサイト

林檎様

林檎嬢はわたくしの最も尊敬するアーティストでございますが
椎名林檎・東京事変のなかでどの曲が好きなのかなとふと考えてみた
もちろん全部好きだし、カバーにしても林檎嬢が歌えばカッコよくなる的な感は否めないし、気分によっても変わるんだけど、あえて尺度を一元化してみる


愛妻家の朝食
宗教
遭難
葬列
尖った手口
ブラックアウト
眩暈
闇に降る雨
浴室
落日

順位をつけることはできなかった…とりあえず50音順。

愛妻家の朝食
歌詞を意識しながら聴けば分かるけど、背筋の凍るストーリー仕立て。こういう歌が椎名林檎の「らしさ」だと思う。この曲をして「愛妻家の朝食」とつけるセンスに脱帽。

宗教
この曲と葬列はセット、繰り返す。数ある椎名林檎の曲の中でもとりわけ振り切っている曲。ある場合には葬列とセットで椎名林檎の最高傑作と呼んでも良いと思う。これぐらい一般受けしない曲のほうが個人的には好き。最初の3音から世界に引きずり込みます。これを含むアルバム「加爾基 精液 栗ノ花」は捨て曲がない本当に良いアルバム。聴く価値あり。

遭難
初期事変の傑作。最初のギターで痺れる。椎名林檎ではなくて東京事変でやってるという意志が感じられる。各パートのキレ味が凄まじい。

葬列
宗教とセットでイケる曲。「お造り致しませう。」からの引き込みは本当に何度聴いても鳥肌が立つ。こういう曲をもっと作って欲しいと思う。最近の曲がいかにヌルいか…もちろんどちらも好きだけど。

尖った手口
最初の1音から稲妻が走る。最近のヌルめの曲に比して大変かっこいい曲。「憂鬱な我が共犯者」「○くないと刺さらないよ」のところで絶頂を迎えて、なかなか振り切ってて大好きな曲。

ブラックアウト
東京事変名義では一番好きかもしれん。東京の地名や路線が出てくる曲はたくさんあってどれもなかなか効果的な使い方をしていて尊敬するけど、ブラックアウトの冒頭の「山手線最終で」から始まって、気分を押し殺して進んでいく感じがたまらない。「帰りたくない」のところの迸りから、アウトロまでストーリーを保っていてかっこいい。

眩暈
小曲に分類されそうだけど、これはかなりの傑作。最初から最後まで他の曲のように激しく燃え上がることはないけど、切ない曲調とキーボードの音が調和して聴いているとだんだん気持ちが揺らいでくる。

闇に降る雨
イントロから完全にキメに入ってる。そして華麗にキメられる。椎名林檎の声の掠れが印象的。めちゃくちゃかっこいい曲。

浴室
さまざまなアレンジがあるけどどれもすばらしい。切なくダークな曲調だけじゃない、あんまり適切な言葉が見つけられないけどバブリィ(とでも言えば良いのかな)な曲調の代表作にして傑作。歌詞はダークだけど。サビの進行が本当に絶妙で、とても他のアーティストには真似できないと思う。

落日
最高の泣かせ曲。ピアノ、かっこよすぎる。鳥肌と涙があふれる。


なんか陳腐な感想になってしまったけども、とにかく椎名林檎嬢にはこれからも良い曲を作っていただきたいです。ていうか10曲選ぶのですらしんどい…いい曲がおおすぎる!!!!

情報過多時代

この情報過多時代においてありあまる情報に翻弄され続けている柑橘類です

やる前から(と変換したら「ヤる前から」と変換されて性的な感じになった)分かりきっていたことなのですが、twitterの中毒性はやはり魔物。中毒性っていうのか、焦燥感を煽られるもやっとした感じが魔物なのか。

・タイムライン(いわゆるTL)を追えなくなることによる意味のない焦り
・なんとなく重要な示唆が含まれているような気がするつぶやきに気を取られる
・自分のフォローしている人のみならず、フォローしてない人で身近な感じがする人が気になる

ありあまる情報が全然整理できなくてうがーっとなって、だらだらと時間が過ぎていく感じがします。
しかしながらtwitterから受け取る恩恵もかなり大きいわけで、すぱっとやめればそれで済むわけでもないのであって、なんか完全に踊らされてる感じがあります

現状自分がやっているtwitterで生じているおもしろいポイントが2点ほどあるのですがこれはまた別の機会に。標的と祭、おもしろい現象です


あと久々にログインしたmixiでの更新も、無視しとけば良いのについつい見てしまうのでやっぱりまたもやっとした思いが生まれてきてしまうのです

一時期騒がれたmixi中毒における中毒性は、フィールドを変えて生じてくるんだね。次はどんなシステムが現れてくるのだろう

花は、いつか

先日、武富智先生の『EVIL HEART』の完結編(上・下)が発売されました。
実は先週には発売してたらしいのですが、私用があって結局正規発売予定日の1月19日に購入したのです。


発売日なんだしどこでも置いてあるだろうと思って、池袋のとらのあなとゲーマーズを回ったのですが置いてない。3箇所目のコアブックスでようやく発見しました。それも平積みかと思いきや1冊ずつこっそりと紛れ込んでいる形。?と思いながらもとりあえず購入して家に帰って、氣編も読み直して、完結編を読みました。


途中から視界が滲んでちゃんと読めませんでした。マンガでこんなに涙が出たことはかつてあっただろうか。登場人物ひとりひとりがみんな愛しくて、読み進める度に終わるのがもったいなく感じて、でもページを繰る手は止められず。最後まで納得の行く展開で、文句の付け所がありません。本当に最高のマンガだと思います。自信をもってオススメできます。


連載で3冊、書下ろしでさらに3冊なんてなかなかできることじゃないと思います。それでもそれをやり遂げて感動を与えてくれた武富智先生には敬意を表します。ありがとうございます。

EVIL HEART 完結編 上 (ヤングジャンプコミックス 愛蔵版)EVIL HEART 完結編 上 (ヤングジャンプコミックス 愛蔵版)
()
武富 智

商品詳細を見る


EVIL HEART 完結編 下 (ヤングジャンプコミックス 愛蔵版)EVIL HEART 完結編 下 (ヤングジャンプコミックス 愛蔵版)
()
武富 智

商品詳細を見る

ところで

最近は毎朝「おはよう!朝だよ!起きて!」という舌っ足らずな声に起こしてもらっていますよ

あら奥さんこんなところに萌えショタがおりますわよ

あらやっだぁー!気づかなかったわ☆

ってな感じで相変わらずの頭のおかしさを存分に主張する感じでお送りしておりますが、コンビニ行ってマンガ読む習慣がめっきり減りました。週刊誌とか数回読み逃す程度だと悔しくてなんとかして追いつこうとするけど、だいたい3週間ぐらいたつとどうでもよくなるよね

そういう時は読み切り系のマンガを読んだらいいんですよ!ということでレッドブルを買いに行ったついでに久しぶりにまんがタイムを読んできたのです。まんがタイムには超どストライク萌えマンガ『男子のための人生のルール』が連載中なので基本的にそれ狙いという邪な気持ち。いやでも健全な萌えですよ。男の子の友情とかって純粋にかわいいじゃない!いやでもやっぱり邪かもしれない

ていうかwikipediaさんのまんがタイムの項目の「現在連載されている主な作品」に入ってないのはどういう了見だ!!!!!!!

それにしてもやっぱり雨本圭氏の絵はかわいい
単行本が出ることを心待ちにしております
今月号はカッちゃんがかわいすぎて死んだ

まんがタイムにはかがみふみを氏も連載しているのでそれも楽しみです


で、まんがタイムとかその辺の4コママンガ雑誌って実は萌えショタいっぱいいるよねって話です
デフォルメの絵柄が多いから年齢的にはショタじゃなくてもショタショタしい外見でページをちょこちょこ動き回ってたらそりゃ萌えるわ!
男子のための人生のルールはあまりにツボ過ぎて別格だけども、いろんなところにかわいい男の子が出てくるので、一度時間がある時に整理する必要性すら感じております


要は4コマは萌えキャラ多いよってことです!


男子のための人生のルール本とか出したい
いやでも今はflat本が出したい
しかし急務はtrainの原稿
ところが実際は卒論だあああああああああああ

2009年のアタイ、最終章

おまけです。2009年振り返るシリーズこれにて終了。

【テレビ】
アイシテル~海容~
毎回泣いて、泣きすぎて頭が痛くなる、そんなドラマ。丁寧な描写が素晴らしかった。

マツコの部屋
継続中。マツコ・デラックスさんの大ファンになりました。

放送禁止
過去のやつをDVDで全話視聴。R氏のおすすめ。話には聞いてたけどこんなにおもしろかったんだー。映画の2を早く観たい。

環境野郎Dチーム
全部観てないけど、これも観せてもらった。何だこれはwwwwwwwwwwwww


【アニメ】
ちょこちょこ動画サイトでは観てます。主にショタアニメ。どれみとかMAJORとかは萌える。

東京マグニチュード8.0
地上波で追ったのはこれだけ。悠貴くんが良い子すぎて・・・。こっちの友達はだいたいの人が観てたような気がします。悠貴くんはあまりにいい子すぎて業界でもほとんど汚されていない稀なキャラです。


【旅先】
ニューヨーク/3月
初NY。もんのすごく広い東京という印象。東京好きなすだちはNYも好きです。何週間いても飽きなさそう。いろんなエリアがあって楽しかった。しかしながら、ステイしてた田舎も好きです。旅先としてはNYが一番楽しかった。

高松/3月
初の本場讃岐うどん。安くてとんでもなくうまい!うどんで感動とかありえないと思ってた!友達の実家に泊まったので、地元の人しか知らないお店ばかり行きました。そのおうちも古い日本家屋でいい感じ。友達と外でキャッチボールしたりノックしたり童心に帰って遊んでました。このあと大阪に行き、神戸に行き実家に帰るという楽しい18きっぷ旅行でした。

草津温泉/6月
業界人と。いい温泉だったー!去年はやたら温泉に行った年だったけど、温泉的には一番良かったのでは。草津は温泉街も発達してるし、公衆浴場もいっぱいあるし、とてもいいところです。おおるりプランなのでその他はおいといても、楽しかった旅行でした。 

大阪/9月
K氏のおうちに泊めてもらい初CUTE。Y君といっしょに。「名前は知ってるあの方in関西」にたくさんお会いして楽しかったー!イベント以外でもたこやきパーティも楽しかったです。本当は音博も行きたかったのである・・・

横浜元町/11月
孤独のグルメオンリーイベントが開催されると聞き、業界の方々と足を運ぶことに。イベントそのものはたいしたこともなかったのであるが、そのあと散歩した元町が江戸から現代への文明開化が色濃く残るとっても素敵なところだった。外国人墓地とか公園とか海とか山とか坂とかもうおれを魅了するものだらけで最高。こういうのが好きな人とデートとかで来たらちょうたのしいだろうなあと思います。商店街エリアもまとまってて良かった。

四万温泉/12月
ひとり温泉2泊3日。卒論で煮詰まったゆえの強行。温泉好きのS氏の勧めで四万温泉をチョイス。雰囲気、鄙び具合、温泉、値段、とても良い気分でした。卒論→温泉→卒論の無限ループ。椅子がなかったから最後の方腰がやばかったけど、一気に進みました。最高の贅沢。ドラマの撮影してたー


例年通りいろんなとこに行きましたが、特に温泉率は高かった。温泉地以外も含めれば、
5月、6月、8月、10月(2回)、11月、12月、と2ヶ月に1回は温泉という計算。基本的に格安プラン利用だったり別の用件で行った先に温泉があったりするからなのであるが、贅沢な話だ。

今年もいろんなとこに行きたい。


【芸能人】
マツコ・デラックス
いるだけでおもしろい、と思ってたが、ツッコミの切り口がハンパないと知った。

加藤清史郎
かわいすぎる。今目の前の壁にカレンダーが貼ってあるので幸せです。

2009年アタイはどんな映画を観たのかしら

振り返るシリーズ3つめです
今日は映画を振り返ってみます
例年の半分以下の本数しか観れなかった・・・良かったのはそのうち1/4くらい
ちなみに名画座で観てることが多いので製作年とずれてることが多いです


【良かった映画5本】

トウキョウソナタ/黒沢清/日本・オランダ・香港/2008
崩壊の家族劇といえば簡単だけど、ありふれた題材をここまで昇華させたという点が高評価。っていうか、金払って観る価値がある映画だと思う。家族の歪みの臨界点のひとつのかたちが映画という手法を活かして表現されていてはっとした。香川照之がうまい。

トウキョウソナタ [DVD]トウキョウソナタ [DVD]
(2009/04/24)
香川照之小泉今日子

商品詳細を見る


闇の子供たち/阪本順治/日本/2008
最もショックを受けた映画でした。別のところに長い感想を書いてしまったので割愛。ショタコンとしてはとても複雑な気持ちになった。妄想がいろいろあっても、現実の子どもには幸せになってほしいと思います。

闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD]闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD]
(2009/02/25)
江口洋介宮崎あおい

商品詳細を見る


おくりびと/滝田洋二郎/日本/2008
泣いたぜー。人の死はどうしてもこうしても涙が出るものです。。。

おくりびと [DVD]おくりびと [DVD]
(2009/03/18)
本木雅弘広末涼子

商品詳細を見る


ミルク/ガス・ヴァン・サント/アメリカ/2008
ゲイとしては、ハーヴィーミルクを讃えざるをえない・・・。感動した。

ミルク [DVD]ミルク [DVD]
(2009/10/21)
ショーン・ペン

商品詳細を見る


夏時間の庭/オリビエ・アサイヤス/フランス/2008
良質なフランス映画が年の終わりに観れてうれしかった。なんてことはない物語を描いた映画だけど、3D映画とかが全盛になってこういう映画が駆逐されていくとしたらものすごく寂しいことです。丁寧な風景と人物の描写がじんわりくる良い作品だった。

夏時間の庭 [DVD]夏時間の庭 [DVD]
(2009/11/28)
ジュリエット・ビノシュシャルル・ベルリング

商品詳細を見る


おおー全部2008年の映画だ!

あとは大阪ハムレットとかホノカアボーイは良かったです。いけちゃんと僕は深澤嵐がかわいかった。かなりマイナーなところで葦牙―あしかび―は胸が痛くなった。DVDは放送禁止は面白かったです。TV版と合わせないと意味ないけど


逆に評判の割につまんなかった映画5本・・・好きな人ごめんなさい

ボーダータウン 報道されない殺人者/グレゴリー・ナヴァ
その土曜日、7時58分/シドニー・ルメット
しんぼる/松本人志
スラムドッグ・ミリオネア/ダニー・ボイル
ロフト/エリク・ヴァン・ローイ


今年はTIFFも行きたいし、名画座チェックを怠って悔しい思いをしないようにしたい。

2009年アタイはどんな本を読んだのかしら

シリーズ物みたくなってます
昨日の音楽に引き続きマンガ+αの振り返りです

【マンガ】
いわゆる純粋におもしろいマンガというよりショタ寄りです
今年は(金がまたかかるけど)おもしろい漫画も集めていくようにしよう。。。
2009年に初めて知ったものという括りでいくと、

flat/青桐ナツ
1巻は2008年なんだ・・・。とりあえずこれ抜きでは2009年は語れないでしょう。なんとなく本屋で見つけて、とりあえずチェックはするんだけど、一度は買わずに置いておいて古本屋でチェックリストに入れつつも、我慢できなくて新刊で買ってしまうというパターンで購入したらものすごい大ヒットです。おもしろいマンガっていうか萌えるマンガだこれは。明日3巻だー!

flat (1) (BLADE COMICS)flat (1) (BLADE COMICS)
(2008/09/10)
青桐 ナツ

商品詳細を見る


がらくたストリート/山田穣
これも2008年発売なのね。買ったのは去年。ていうか1年以上経ったけど新刊出るのか。なんというか、テンポや流れがそれでも町は廻っているに近いような気がする。それ町もハマったの去年か。とりあえずマイペースに描いていっていただければそれでいいです。

がらくたストリート 1 (バーズコミックス)がらくたストリート 1 (バーズコミックス)
(2008/12/24)
山田 穣

商品詳細を見る


EVIL HEART/武富智
こんな名作を知らなかったことに恥を覚えるぜ。とっても素晴らしいマンガで、今月完結巻が出るので未読の方は是非読んでみてください。武富智は読み切りの『A SCENE』と『B SCENE』で良い絵だなーと思っていたところ、『EVIL HERAT』の存在を知りあとは全巻買い集めるのみ。どう終わるのかで評価は変わるだろうけど、すごく好きなマンガです。

EVIL HEART 1 (ヤングジャンプコミックス)EVIL HEART 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2005/07/19)
武富 智

商品詳細を見る


テラオ/近藤るるる
ファミ通ー!R氏の影響です。かわいいです。ていうか副題あったの。

テラオ The next generation machine 1巻 (BEAM COMIX)テラオ The next generation machine 1巻 (BEAM COMIX)
(2009/10/26)
近藤 るるる

商品詳細を見る


さよなら群青/さそうあきら
さそうあきらのマンガ、っていう感じがする。流れる空気が素敵なのもあるけど、特に海沿いの町というテーマはおれが惹かれるのもあって楽しみにしています。明日新刊でるね。好きな人は好きだと思う。
さよなら群青 1 (BUNCH COMICS)さよなら群青 1 (BUNCH COMICS)
(2009/09/09)
さそう あきら

商品詳細を見る


こんなものかしら。


【小説】
本当に去年は全然読んだ記憶がない。
春に森博嗣のS&Mシリーズの未読刊と、四季ほかを再読したのと、辻村深月にハマったことは覚えてます。
ゴーゴリ『鼻/外套/査察官』はおもしろかった。
夏以降は基本的に院試や卒論のための本ばかり読んでた。
ラノベは恐らく一冊も読まなかった・・・


本を置く場所がない!!!さーどうする!!!!!
という現状への対処が最重要課題でしょう。

2009年アタイはどんな音楽を聴いたのかしら

去年ハマった音楽を挙げてみようかしらという試みです
一度書いて消えたのでちょっと簡略化してお送りするぜ

【アルバム】
ミニアルバム含みます。アーティストとか曲単位よりもアルバム単位の方が分かりやすいかなーと思ってアルバム単位に。基本的に去年ハマったということが条件なので去年発売かどうかは関係ない感じで!

三文ゴシップ/椎名林檎
一時期これしか聴かなかったぐらいハマった。やはり椎名林檎はすだちが最も尊敬するアーティストなのです。賛否両論あるけど、おれはこのアルバムは良い出来だと思います。

三文ゴシップ三文ゴシップ
(2009/06/24)
椎名林檎

商品詳細を見る


CHRONICLE/フジファブリック
友達に勧められ、ライブに行く予定ができたことをきっかけに聴き始めたフジファブリック。昔からのファンにはあんまりウケが良くないこのアルバムだけど、おれは4つの中で一番好き。多分フジファブリックらしさっていうものを知らないが故なんだろうなあとは思う。基本的に捨て曲がないアルバムだし、聴きやすいんだけどひねりはあるというおれの好きな路線。志村さんが亡くなった日の朝もこれを聴いて登校した。色んな意味で大事な一枚。

CHRONICLE(DVD付)CHRONICLE(DVD付)
(2009/05/20)
フジファブリック

商品詳細を見る


シンシロ/サカナクション
去年最もハマったアーティスト。今年も最注目。思わず身体を揺すってしまうね。特にシンシロは前の2つからさらに洗練されて今後の方向性が見えた一枚だと思う。サカナクションに関してはGO TO THE FUTUREもNIGHT FISHINGもいいです。まだハズレアルバムはない感じ。そしてライブがとんでもなくかっこよかったのでワンマンは今年最も行きたいライブのひとつです。

シンシロ(通常盤)シンシロ(通常盤)
(2009/03/04)
サカナクション

商品詳細を見る


街について/ハイスイノナサ
鍵盤サウンドに弱いのでタワレコで視聴し一瞬で撃沈。残響レコードに注目するきっかけになった一枚。ボーカルの地面から浮遊してない声、変拍子、転調など、最近のおれのツボにかっちりとはまり込んだので、今後が気になります。

街について街について
(2009/10/07)
ハイスイノナサ

商品詳細を見る


Frog Queen/People In The Box
昨年秋から現在進行形でのめり込んでるバンド。ボーカルの聴きやすさと裏腹に訳の分からない拍子、意味不明なのにやけに現実感を喚起させる歌詞、謎の移調。加えてジャケットもかっこいいです。特にFrog Queenは何度も聴いた。陰鬱な隅っこや暗がりが好きな人や廃墟が好きな人にはおすすめ。今サカナクションと並んで好きなバンドです。発売は2009年じゃないです。

frog queenfrog queen
(2007/12/05)
people in the box

商品詳細を見る



アルバム単位ではなく去年結構聴いたなあと印象に残っているもの

相対性理論は年末からじわじわきてます
名犬ジョディー/モダーン今夜は元気が出る歌ナンバーワン
TRICERATOPSは年末のライブでかっこよさを知る
松任谷由実は定期的に聴きたくなる(まだぼくは20代前半ですよ!
World's End Girlfriendの世界観に圧倒された
某R氏のおかげで晴れてボカロにハマった

こんなとこだろうか。

今年もいろんな方からいろんな音楽を教えていただきたいものです
ライブにもたくさん行きたいなあ

明けましておめでとうございます

と、記事の順番がおかしいけども、

みなさんあけましておめでとうございます!




【去年のこっち方面の達成事】
・初同人誌かつ初オフセ
・深い付き合いができる友達ができた
・ブーケット初参戦
・CUTEも初参戦
・仲良くなった方が劇的に増えた
・初ゲスト
・デブの良さが分かってきたような気がしないでもないようなそうでもないような


【今年のこっち方面の目標】
・trainの成功
・コピー本をてんやわんやで作る
・ちゃんとしたオフセ本を作る
・初サークル参加
・合同誌を作ってみたい(そこにあなた!やりませんか!


あとゲストとかやりたい・・・というか頼まれるぐらいの実力をつけるというのが一番大事なことだ!来年度からより忙しくなるときいてるので気を引き締めて頑張ろうと思います。



今年もよろしくお願いします!

年末からの顛末

年末年始、大変楽しい時間を過ごさせていただきました。

12月31日の朝6時近くまで起きていて、それから就寝、10時半過ぎに起床。冬コミに遅れて参戦。周りみーんなサークル入場or行かないということで、ひとりで一般参加するのが寂しくてTwitterで誰か行きませんかーってつぶやいたらK君が一緒に行ってくれることに!初対面なのでどきどき柑橘系すだちとして大崎駅で待ち合わせたわけです。

そしたらK君イケメンでしっかり者でした!初対面なのに思わずべらべらしゃべってたすだち。話しやすい空気を纏っていた(というか後輩と声とテンションが超似ていた)のでとても話しやすく思わずマシンガントークで大変申し訳なかったと反省しております。

そんでコミケ会場到着ー!東に直行。R氏の頼まれ物リストに従いつつ、K君のチェックリストにも従いつつ、それとなく周辺にショタ本がないか窺いつつ練り歩く2人。普通の画集とかもチェックしたり。

そしていろんな知り合いのところを回るすだち。コミケはいろんな人が一堂に会する感じが好きです。特にケモゾーンは友達だらけで超楽しかったです。書いてるとキリがないので割愛。しゃべってる間K君をほったらかしてしまったのがほんと反省。これマジで直さんとな・・・。再度ぐるぐる回って、15時過ぎにK君とはお別れ。すだちはケモゾーンに戻りしばし歓談。

閉会後しばらくもぐだぐだし、オフ場所の銀座に移動開始。有明→豊洲→有楽町ルート。有楽町下車後、なぜか別ルートで行ったはずのG氏御一行を発見する。そのままオフ待ち合わせ場所まで15分近く尾行。大接近にも関わらず全く気づかれず。

集合後無印で適当にブラつき時間を潰す。そんで鍋ぞうに移動。食べ放題。ケモナーの初対面の方3名を含めた13人で宴をする。基本的にMとKと戯れながら下品なネタを多数繰り出していたような気もするが多分気のせい。しかしながらA氏の激辛サドンデスソースは場に衝撃をもたらしたなあ。

宴後解散し、一部はそのままいつものところで年越しコース。すだちは一時帰宅しシャワーに入り戦利品をカバンから出して再出発。寒すぎわろた。

着いたらとりあえずガキ使の流れで爆笑しすぎた。おもしろかったなあ。手作り年越しそば(超おいしい)を食べ、カウントダウンをやり、ガキ使終了後はスコットランドヤード、ごきぶりポーカーというテーブルゲームの流れでものすごく楽しかった。テーブルゲームのおもしろさはどれだけテレビゲームやオンラインゲームが普及しても不朽だなと思った。顔を合わせてやるのがやっぱりおもしろい。相手の言葉とか表情を見抜きながらやるあの快感はほかじゃ得られない。人狼もまたやりたいなあ。

朝6時半ぐらいに帰宅してすぐ準備してバス帰省。


とにかくすばらしく楽しんだ31日→1日。関わった皆様に感謝です!ありがとうございました!本年もよろしくお願いします!


分かったこと:コミケは13時に行ってもあんまり新刊はない(当たり前
気になること:戦利品がまだ読めないまま家の机の上(早く読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。